曹継武と戴龍邦

Twitter上でかつての同門の方が戴氏心意拳の歴史について質問していたので、当時の担当者に質問してみた。

 

質問:弧虚旺相

そういえば以前中国武術雑誌『武術』でやっていた心意ロード特集では、最終的(雑誌が終わる頃)には武官曹曰瑋(字継武)と戴龍邦との関係についてどう捉えてたのだろう?(曹の没年から数年後に戴が生まれてる点)。伝承は伝承として実際語り継がれたという事実としての価値はあるのは間違いないのですが…

 

回答:

こんにちは!ご質問の件ですが、 心意ロード取材班としましては正直なところ曹継武と戴龍邦との関係については従来の説を採用し特に問題にしておりませんでした。

 従来の説とは戴龍邦の生没年を1712~1801または1713 ~1802とします。 また曹継武につきましては様々な説があります。 中国武術大辞典によれば1662~1722とあります。 この説ですと確かに戴龍邦が10歳の時には亡くなっていますので 師事するのは不可能です。また一説には1706年没とも言われま す。弧虚旺相さまはこの説を採用されたのだと思いますが、 この説では当然戴龍邦が生まれたときには曹継武は亡くなっていま すから曹から学ぶことはできません。 しかしどの説においても共通しますのは曹が乾隆年間に科挙に首席 で合格したという点です。乾隆年間とは1736~1795ですか ら、仮に曹継武の生没年を1662~1740と設定すれば戴が曹 に師事することは充分可能だという事になります。

 心意ロードの連載時、 その当時はまだ曹継武の存在すら疑問視するむきもありました。 あまりにも不明な点が多かったからです。しかし記憶では今から1 0年ほど前に曹継武の墓が見つかったとの記事を見た記憶がありま す。 詳しくは覚えていませんが高級官僚らしく多くの埋葬品も見つかっ た、との記述があったと記憶しています。

  心意ロードの連載から約 20年近く経ち、 いまだに興味を持ってくださる読者がいるとは光栄の限りです。 いま私は自身の修行でいっぱいいっぱいで歴史考証についてはどう でもよくなってしまいました。 どなたか心意ロードの続きをやっていただける方の登場を待ちたい と思います。

村上正洋

 中国の反日デモがすごい。異常である。この事態をどう分析し、どう考えるべきだろうか。

 原因はいろいろ考えられる。私がまず思ったのは、中国には「人民を使って国家規模の運動を起こし、自らの立場を有利にする」という政治手法が存在することである。「大躍進」政策の失敗で国家主席の地位を去らざるを得なかった毛沢東が政権に返り咲くために使った手段、それが恐怖の巨大大衆運動「文化大革命」だった。

 今回の反日デモも、誰かが自分の力を誇示し、増強するために仕掛けているのではないか。そんな気もするのだ。今回、毛沢東のような立場にいるのは誰か。政権の座を去ったが、なお未練を持っている者。かつて反日・愛国路線を推進していた者。

 依然として隠然たる力を持つその人物が後ろ盾になり、運動家を焚きつけている。しかも、ガス田開発、日本の国連常任理事国加盟問題といった、自国の利益のからんだ外交的課題があり、日本に圧力をかける武器になる。現政権にとっても悪い話ではない。あくまで想像ですが。

 日本の国連安保理常任理事問題については、ほとんどの国が反対か、関心がないと見てよいと思う。すでに常任理事である国は、理事国が増えることを歓迎しない。相対的に自国の発言力が落ちるからである。アメリカが反対しているのは、こうした心理からである。また、基本的に戦勝国クラブである国連の常任理事国に、敗戦国である日本が加盟することへの反発、嫌悪感も当然あるだろう。

 さらに中国、韓国は単純に日本へのライバル意識がある。侵略者であり、敗戦国のくせに戦勝国の自分たちより発展しているだけでも許し難いのに、さらに国連安保理常任理事国になる。これは感情的に許せないのである。

 その他の国は関心がなく、どちらが自国に有利か、くらいの問題意識しかないだろう。日本の安保理常任理事国入りに賛成なのは、日本以外のG4と呼ばれる今回の候補国、ドイツ、ブラジル、インドくらいのものだろう。

 話を中国に戻そう。中国が反日デモを積極的に取り締まらない理由はなんだろうか。デモを日本に対する圧力として使っている、国内の不満のはけ口として利用する、そんな意図も多少はあるかもしれない。

 だが、抗日戦争を戦い、今は引退している老幹部たちは、小泉首相靖国神社参拝が一番許せないのではないかと思う。反日デモを中国政府が積極に取り締まらない根本的な理由は、このあたりにあるのではないだろうか。靖国に戦犯が祀られているのが問題なのだ。

 私は第二次大戦の戦記物を100冊以上読んだ。実際に戦場で戦った人たちの手記をたくさん読んだおかげで、自分が戦争に行ったような気にさえなっている。だから小泉首相靖国にこだわる気持ちがわからないのでもないのだが、中韓の古い世代はあれを絶対に許さないだろうということも理解できる。

 今年は中国ににとって抗日戦争勝利60周年記念、そして小泉首相の任期は来年九月まで。まだしばらく反日デモは続きそうである。

 香港について、補足。中国に関する私の感情は、なかなか複雑である。なにしろ中国を題材にした雑誌をずっと作ってきたわけだし、女房も中国人だ。今でも仕事で中国へ行くわけだし、中国武術の練習はずっと続けていく。そのせいか黙っていると中国人に中国語で話しかけられることもあるくらいだ。

 というわけで、中国と中国人に対しては単純な愛憎を超えてもはや抜き差しならない腐れ縁となってしまっているのである。その中国人に対して、新しい発見があった、という報告が前回の文だったのだ。

 中国人とくに大陸の中国人民たちを見ていると、その野性味に驚かされることがある。悪く言うと、「えっ、それじゃケモノじゃん」と思うこともあるのである。その一面が出たのが先日のサッカー・アジアカップの騒ぎだと思う。要するに「しつけがなってない」のだ。

 逆に言うと、日本人はしつけが行き届きすぎているのかも知れない。その源をたどると、徳川三百年の間に、下々までしつけられてしまったのだと思う。豊臣秀吉織田信長の頃は、日本人は江戸以前とはかなり異なる国民性を持っていたようだ。そういう意味で言えば、中国には江戸以前の人たちが大挙して残っているようなものかもしれない。

 文化大革命はほんの20年ほど前のことだが、まるで幕末のような状況だったわけで、さらに国共内戦が終了する1949年までは食うか食われるかの戦国時代だったのだ。そうした歴史もあって、同じような外見だが中身は日本人とかなり違うのではないか、と最近考えるようになった。武術が生々しく生き残っているのも、そういう歴史が大いに関係していると思うのである。

 中国は確かにビックリするような面、受け入れがたい面がたくさんある。これからもそういう面が出てくるだろう。しかし、私にとっては好むと好まざるにかかわらず一生つきあっていかなければならない相手なのだ。そして日本人にとっても、実は無視できない存在である。経済的な存在感はますます重みを増すだろうし、何といっても隣国である。

 はなはだディープな国ではあるが、それだけに興味も尽きることはない。全部を知り尽くすこともかなわない大きな国ですが、じっくりと行きましょう。

 香港に行って来た。観光ではなく、取材でもなく、仕事の話をするだけの駆け足の旅だった。

 香港へは初めて行った。中国、台湾ともに10回以上行っているのだが、なぜか香港は初めてだった。

 私の見た香港は、高層アパートが息苦しいほどに林立する、超過密都市だった。30〜40階の高層アパートが隙間もなく建ち並び、地上を歩いていても回りを常に高い壁に囲まれている。ものすごい圧迫感である。

 高層アパートが何棟も平行して並んでいる。そのすぐ裏にもまた同じように何棟も並ぶ。そのどれもが都庁くらいの高さがあるのだ。北側のほとんどの部屋には一年中陽があたらないだろうし、視界も非常に狭いものだと思うのだが。

 印刷会社が100社以上も入っている巨大ビルにもお邪魔した。数台の印刷機を持つ工場からデザイン事務所、オフィスなどが同じフロアに雑居している。ほとんどの部屋、工場には窓がない。昼夜もわからず、新鮮な空気が入ってくることもない。密閉されたコンクリートの壁の中では常にインクの匂いが漂い、印刷機の騒音がこだましている。

 初めて中国に行ってから22年たつが、今回初めて実感したことがある。それは中国人の貧しさである。

 確かに中国でも地方へ行くと圧倒的に貧しい。年収が1万円ほどという世帯が無数にあるのだ。しかし、今回ほど「貧しさという苦痛」を感じたことはなかった。

 香港の悲しいところはそこが都市であり、自然がなく、そして限りなく人口密度が高いことだ。モンコックという地域には1平方kmに16万人が住んでいるという。そうした限りない過密状態と、高層アパートに取り囲まれた閉塞感を実感したとき、「貧しい」ことの恐ろしさがひしひしと感じられたのだ。

 香港にも大陸側には自然が残っているのだが、中国人というのは都市に自然を残さず、小さな公園を多く作ることもしない。公園はどかんと大きなのを少数作るだけ。それは大陸や台湾も同じで、ひたすら住宅を詰め込んでいくのである。息抜きをする空間がないのだ。香港の場合は詰め込む住宅が30階以上の高層アパートになるわけで、それが圧迫感をいやが上にも高めている。

 自分の場合は、あの圧迫感が耐えられそうにない。だから貧しさを感じてしまったのだ。実際には人は慣れるものだろうが、個人的には衝撃的でした。

 今回、北京で何枚かCDを買った。John Lennonの二枚組ベスト、中国語版の「随它去...原音重視」(披頭士)など。ちなみにこの中国語版のアルバム名、バンド名は明日原名を書こう。

 何枚も買ったが、帰国後判明したのは全てが海賊版だったこと。道理で、一枚22元とかで買えたわけだ。一元14円足らずだから、300円しないのである。

 お土産に宮崎駿全集なるDVDも買ったが、途中から再生できなくなるものがほとんど。娘もがっくりである。CDも最初から傷が付いているものが多かった。「随它去...原音重視」の「回来」など、アルバム一曲目にもかかわらず出だしから雑音が混入しておったぞ。アナログじゃあるまいし。

 思わぬ拾いものの曲も入っていたが、「海賊版もまともに作れないのか」とちょっと複雑な気分になった。しかし、知らなかったとはいえ職業柄海賊版に手を出してはいけませんね。天罰でした。